2012年03月03日

プラレールを綺麗に片付けられる秘密の道具

プラレール好きなお子さんのお母さんが

大変苦労していることがあります。

もちろんレールの組み立ては女性にとって

苦手な科目なようで、子供の思うようには

作ってあげられず、さじを投げてしまう

こともしばしばあるようです。



ですが、もっとも苦労しているのは

別のことです。



何か分かりますか?



それはやはり




「お片付け」


ではないでしょうか。




我が家では一旦レールを広げてしまうと

息子がレイアウトを崩したがらなくて

挙句の果てには、数日から数週間そのままに

子供部屋が放置されてしまいます。



見かねた妻が意を決して片付けようとすると

これがまた綺麗に片付きません。レールは

うまく衣装ケースに入りませんし、特に

大変なのが電車たちです。



そうなんです。妻の最大の悩みは

どうやって電車を綺麗に片づけるかなんです!



箱におさめようにも、電車を友人から譲り受けた

時点で箱は存在せず、これらも衣装ケースに

ぐちゃぐちゃとしまわれてしまいます。




そこで私が自作したのがこの秘密の道具です。


電車サイズに厚紙を加工して作った箱です。


120313_2046~01.JPG

*この写真はボンドで接着中で、完成間近です。

これは使ってビックり。大変重宝します。



なぜかといえば



「電車が重ねて、しまうことができます。」


これ本当に画期的なことなんです。



その証拠にイベント会場に来てくれた箱を

お母さんにあげると大変喜ばれます。

1箱作るのに30分はかかりますから、

そうそう差し上げられないのですが

喜んでもらえるのは嬉しいことですね。
posted by 再生玩具俱楽部 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 1日1前 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。